ブログ

光触媒事業を始めた理由

2021年2月25日公開
(2021年8月25日日更新)

コロナウイルス、花粉症の対策に効果的な光触媒について

光触媒コーティングで顧客様へ安心をお届けします

弊社は、1949年(昭和24年)の創業以来、長年の経験と培った様々な実績を活かし、

「硝子業界に携わる全ての人の駆け込み寺である事」を企業理念としてお客様と共に成長を遂げ、今後も社会に貢献できる企業を目指しております。

私達のような製造業では、テレワークを実施することも困難であり、従業員だけでなく、ご訪問頂くお客様に対して少しでも安心を提供できればと思い、社内全体に光触媒コーティングを実施、効果を実感し光触媒コーティング事業を始めさせていただきました。

光触媒のご説明と効果についてご紹介させていただきます。

光触媒について

光触媒とは、太陽や蛍光灯などの光が当たることでその表面で強力な酸化力が生まれる特性があります。

つまり光の力で24時間365日接触してくる有機化合物や細菌などの有害物質を分解できる環境浄化材料になります。この光触媒は、日本発信の最先端技術になります。

光(太陽光・蛍光灯・LED照明)が当たるところ、室内環境へ使用することでも効果が見込めます。

また、光触媒には「セルフクリーニング」という機能もございます。

こちらは、塗膜が超親水状態という水がなじむ状態になることにより、雨が降った時に分解した汚れを洗い流す効果もあります。

※実際に光触媒のセルフクリーニングを実施した看板の比較になります。10年以上前に施工したものになりますが、左半分はキレイなままの状態です。未施工の右側は汚れが流れ落ちず御覧の通りです。

室内への光触媒コーティングをする5つの効果

光触媒は、太陽光や蛍光灯・LED照明などの光が当たることでその表面に強力な分解力と浸水作用が生まれる特性があり、「抗菌・抗ウイルス」「抗カビ」「防臭・空気浄化」「防汚」「アレルギー対策」の5つの効果が発揮されます。そこで壁へ光触媒をコーティングする5つの効果についてご紹介させていただきます。

抗菌/抗ウイルス

光触媒が光にあたり、活性酸素が発生され、増殖する菌を分解するだけでなく、ウイルスの感染力を抑制する効果もございます。

インフルエンザ、ブドウ球菌、大腸菌、サルモネラ菌などへも分解効果が発揮され、抗菌・抗ウイルス効果が見込めます。

抗カビ

一部の抗菌剤では分解ができなかった菌が、死滅時に出す有害物質も触媒酸化チタンが分解する効果があります。

防臭/空気浄化

約500m²に光触媒を塗布でいちょうの木、約20本分の空気浄化の効果があるだけでなく、

タバコの臭いなど目に見えずに壁に付着しているニオイの原因物質へ光触媒の活性酸素が付着し、室内のあらゆる臭いを消臭する効果があります。

防汚

光触媒が太陽光を利用し、汚れを分解、さらに雨の力で汚れを浮かせて洗い流します。

アレルギー対策

スギ花粉やダニだけでなく、アレルギー疾患の原因である「ホルムアルデヒド」と言われる有害物質も、除去する効果があります。

まとめ

光触媒コーティングは、一時的に菌やウィルスの増殖を停止させるアルコール系除菌剤や次亜塩素酸除菌剤、消臭剤などとは違い、長期的な効果を期待でき、菌やウィルスを完全分解するので、根本から環境改善に繋げることが期待できます。

また、弊社が使用している光触媒は、酸化チタンと水のみで、酸化チタンは化粧品等にも使われているので人体やペットに無害で安全なコーティング剤です。
このコーティング剤は日本食品分析センターの試験報告で急性経口毒性、皮膚一次刺激性、復帰突然変異で各安全性が報告されています。

弊社が光触媒を導入したきっかけは、本体が製造業なのでテレワークをしたくても出来ない従業員さんや、ご訪問頂くお客様に対して少しでも安心をご提供できればと事務所、応接室、会議室、給湯室、お手洗いや作業現場に光触媒を施工致しました。

他の同じような環境で働かれている方達に少しでも貢献できればと言う思いで、光触媒事業を始めました。

記事を探す

カテゴリ